住宅用木材の知識と防虫対策のコツ

木材を使った住宅と最適な時期

ヒントが多数ある木材を使った住宅の良さに関しては、私たちが日頃から住んでいる家がかなり良いお手本になっています。古来より日本人は木の家に住む習慣があり、それを釘を使わないで組み立てる技術等を長い年月の間に作り上げてきました。今も伝統的な工法で作られる家は、組み合わせや木ねじだけで作られている物があるようで、それらは金具を使った物より長持ちするといわれています。私たちにとってこの手の技術をふんだんに使い、いい形で建てられる家の価値は計り知れない物があるのです。私たちが持っているこれらのイメージはとても良い物です。
規範となる面の多さがすなわち木材を使った住宅の価値となってくるのは昔からの伝統です。古い町並みを保全している地域等では江戸時代の家屋が今も残り、当時の建築技術がいかに高い物だったかがわかるようになっています。現代においても伝統的な形で家を建てたり、リフォームをしたりする家は多く、必ずしも新しい物が良いとは限らない事を私たちに教えてくれます。ただ、今は古い物と新しい物がバランスよく融合しているのが理想とされているので、それも使いようによると思われます。家屋の良さは住んでいる人たちの精神面にも影響します。
一番良い時期を見て木材を使った住宅を建設すると、その良さがはっきりと濃い形になって現れると聞いています。これに関してはベストなタイミングがあり、それに合わせた形で家屋を作る事が何よりも大事だと昔から言われていた事にも関係があって、今もその伝統は生きています。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 住宅用木材の知識と防虫対策のコツ All Rights Reserved.